心身ともに傷を負った少年兵のデビン 彼はセックスをするために生まれてきたについて

心身ともに傷を負った少年兵のデビン 彼はセックスをするために生まれてきた
少年兵デビンはとある村のはずれに傷だらけで倒れていた。デビンは過酷な過去を背負っていた。両親に見捨てられ、差別やいじめを受けたというつらい過去を。心身ともに傷だらけだったデビン。両手の指は大半がなくなっていた。そんなデビンを助けたのは村の住人リアンナ。彼女は衰弱していたデビンに食事を与え、怪我を治療して元気を取り戻させた後、彼にセックスを教えてあげた。知識も教養も社会で生き抜くための知恵も持ち合わせていない彼に、せめてセックスの喜びだけでも与えてあげたいというリアンナの優しさ・・・・。そして激しさを増していくセックス・・・。小説はリアンナ目線で書いています。短編の官能小説です。文字数は6900字程度です。
心身ともに傷を負った少年兵のデビン 彼はセックスをするために生まれてきた

コメントは受け付けていません。