教育実習生・有希(上)~羞恥サンバ強制出演~について

教育実習生・有希(上)~羞恥サンバ強制出演~
K大に通う美人女子大生、二階堂有希。4年生になり、希望していた出版社への就職も決まり、教育実習のために故郷の町に戻ってきた。かつての恩師や後輩達に大歓迎され、母校での教育実習は順調なスタートを切った。 しかし、夏祭りでの女神輿への出演を了解したことが、想像を絶する羞恥地獄の入り口となった。女神輿のはずが、成り行きでサンバに出演することになってしまう。さらに、不幸な偶然と軽い気持ちのいたずらが重なり、ついには全裸同然の姿で踊る羽目に。酒に酔って盛り上がった男達に遠慮なく見つめられ、野卑な言葉でからかわれながら、笑顔を強要されて、腰を振りたてる……旧友や教え子たちにも見られて恥辱に震えるが、いつしか身体の奥がじんと熱くなっていく……夏祭りの興奮は最高潮に達していた。(分量)約17万字<目次>第一章 可愛すぎる教育実習生第二章 故郷の町で羞恥サンバ第三章 町中を全裸で引き回し第四章 二次会での花電車接待第五章 人間台車でケータリング(以降は当面はサイト「Myuyan’s Etcetra」にて公開)※本作品は、羞恥アダルト小説の老舗サイト「Myuyan’s Etcetra」に掲載されていた「有希」に、加筆・修正したものです。 また、同サイトでは他にも複数作品を無料連載中です。よろしければご覧ください。※本作品は羞恥に重点を置いています。挿入シーンはありません。※ファイル形式はPDFです。5インチスマホを意識した単ページ版と、PCを意識した見開き版の2ファイルを提供します。見開き版には表紙画像がありません。
教育実習生・有希(上)~羞恥サンバ強制出演~

「ボクくん、すごい量♡」ゲリラ豪雨の雨宿り中にお姉さんが揺れるおっぱいやお口でご奉仕してくれたについて

「ボクくん、すごい量♡」ゲリラ豪雨の雨宿り中にお姉さんが揺れるおっぱいやお口でご奉仕してくれた
「ボクくん、すごい量♡」ゲリラ豪雨の雨宿り中にお姉さんが揺れるおっぱいやお口でご奉仕してくれた
「ボクくん、すごい量♡」ゲリラ豪雨の雨宿り中にお姉さんが揺れるおっぱいやお口でご奉仕してくれた
この記事はRSSで取得しております。お問い合わせはリンク先にておねがいします。